上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」作り方おさらい&付け合わせ | つけあわせ.COM

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」作り方おさらい&付け合わせ

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおあかか和え」作り方おさらい&付け合わせ

上沼恵美子のおしゃべりクッキングで、2020年5月18日に放送された「甘長と豚肉のおかか和え」がとても美味しそうでした!

甘長唐辛子って初めて聞いたんですが、辛くない唐辛子なんですね!

天ぷら、素焼き、漬物、炒め物によく使われるそうです。

家でも作ってみたいと思う方へ、レシピや作り方のおさらいと、付け合わせに合うおかずをご紹介します。

「今日のご飯何がいいかな~」とメニューや献立で悩んだときは、ぜひ参考にしてくださいね。

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」の材料おさらい

「甘長と豚肉のおかか和え」2人分の材料はこちらです。

人数や作りたい量やお好みによって、調整してくださいね。

甘長唐辛子 160g

豚ひき肉 100g

エリンギ 1本

梅干し 2個

酒 50cc

砂糖 大さじ半分

しょうゆ 大さじ1と1/3

かつお節 適量

油 適量

甘長唐辛子は徳島の特産物なんですね。

ネットで買えるかな~って探してみたら見つかりました!

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」の作り方おさらい

  1. 甘長唐辛子はヘタを取って斜め半分に、えりんぎは縦に4等分して5cmの長さに切ります。
  2. 梅干しは種を取って包丁でたたき、ボウルに入れ、酒、砂糖、しょうゆといっしょに混ぜ合わせます。
  3. フライパンに油を熱し、豚ひき肉を中火で炒めます。火が通ったら甘長唐辛子とエリンギを入れて炒めます。
  4. フライパンを火からおろし、濡れ付近にあてて粗熱をとり、2を加えて絡めながら中火で煮詰めていきます。
  5. 器に盛ってかつお節を乗せたら完成!

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」の付け合わせ

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおあかか和え」作り方おさらい&付け合わせ

「甘長と豚肉のおかか和え」の付け合わせにに合う料理を考えてみたので、献立の参考にしてください!

大根とかにかまのサラダ

材料(2人分)

大根 200g

かにかま 80g

塩 少々

 

【A】

黒こしょう 適量

砂糖 小さじ半分

レモン汁 小さじ半分

塩 適量

マヨネーズ 大さじ3

作り方

 

  1. 大根は皮をむいて5mm幅の輪切りにしてから千切りに、かにかまはほぐしておきます。
  2. ボウルに大根と塩を入れてもみ、約5分置いて水分が出てきたら水気を切ります。
  3. ボウルにに大根、かにかま、【A】を入れて混ぜ合わせます。
  4. お皿に盛り付けたら完成!

ちょうどいただいた大根が残っていたので、サラダにしてみました。

メイン料理が甘辛&梅干しの味なので、いつもは大根と梅干しを合わせることが多いんですが、マヨネーズ味にしました。

かにかまが入ると子どもたちも喜んで食べてくれます。

シンプルなお吸い物

材料(2人分)

しいたけ 3個

三つ葉 少々

かまぼこ 30g

水 400cc

顆粒和風だし 小さじ1

薄口しょうゆ 小さじ1

作り方

  1. しいたけの軸と石づきを取り除き、薄切りにします
  2. 三つ葉は根を切り落として2cmの長さに切り、かまぼこは5mm幅に切ります。
  3. 鍋に水、しいたけ、かまぼこを入れ、中火にかけます。
  4. 沸騰してしいたけに火が通ったら、顆粒和風だし、薄口醬油を入れ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
  5. 器に盛って三つ葉を添えたら完成!

あっさりした汁物がほしくなるなと思い、お吸い物にしてみました。

しいたけ以外にもシメジやえのきだけを使ってもいいですよね。

簡単なのでもう一品ほしいときにもササっと作れます。

上沼恵美子のおしゃべりクッキング「甘長と豚肉のおかか和え」のおさらいと付け合わせまとめ

上沼恵美子のおしゃべりクッキングで放送された「甘長と豚肉のおかか和え」のレシピや作り方のおさらいと、付け合わせに合う料理をご紹介しました。

梅干しとおかかの組み合わせもアクセントになって美味しそうですよね。

上沼恵美子のおしゃべりクッキングをもう一度見たい、という方ははTVerで見られますよ~!

もっと詳しく見たい!いつも手元に教科書を置いておきたい!という方は雑誌を購入するのがおススメです(^_-)-☆

電子書籍が好きな人はこちらのサービスに登録すれば「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」のレシピ本が見られます!

>>ebookで上沼恵美子のおしゃべりクッキングを読む

>>bookliveで上沼恵美子のおしゃべりクッキングを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です